人間の幸福とお金はあまり関係がないと言われているとはいえ、この不景気の中でお金を賢く管理することは生きていくうえでの一つの大切な技術と言えるだろう。

お金を管理することには幾つかの側面がある。

その筆頭に挙がるのはお金を使うことだろう。

使うことに関して言えば基本原則は収入の範囲内で生活していくことだ。

例えば手元に1000円があっておいしいものが食べたいと思う場合、選択肢は1000円をフルに利用して、でも絶対に超えない範囲でおいしいものを食べることだ。

1000円以下で食べることのできるおいしいものを探すか、自分で食材を買って作ることになる。

1000円を使い果たさずに余分を貯めておくことが出来れば優秀だろう。

間違っても魔法のカードなどを使ってフルコースを食べに行ったりしてはいけないのだ。

これがすべての基本となる。

持っているものを超えた生活は自分の首を絞めるだけだ。

収入の範囲内で生活することには当然なんらかの制約が出てくる。

でも制約があると人は工夫するようになる。

今考えたように料理の腕を磨けば食費の節約ができるとともに、一生おいしいものを食べることのできる腕を持ったことになる。

収入の範囲内で生活することは技術を磨くチャンスと考えてみるのもいいかもしれない。